タクシー運転手です、人は見かけによりません
by cp1vzhk9y0
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
高速5社、社長に民間人=天下..
at 2010-06-16 15:28
女子高生にわいせつ、アートコ..
at 2010-06-07 16:16
口蹄疫被害拡大 批判“蔓延”..
at 2010-05-28 16:31
<殺人>交際相手の女性を遺棄..
at 2010-05-20 03:41
政府統計、23業務を廃止=3..
at 2010-05-12 19:37
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

景気判断、10地域で据え置き=雇用情勢厳しく−財務局長会議(時事通信)

 財務省は29日、全国財務局長会議を開き、各地域から2009年10〜12月期の経済情勢について報告を受けた。自動車などの生産活動は持ち直しているが、雇用情勢は引き続き厳しく、沖縄が下方修正し、他の10地域は景気判断を据え置いた。この結果、全国の総括判断も「生産活動が上向くなど一部に持ち直しの動きがみられる」と前回を踏襲した。先行きについては、雇用情勢や海外経済の動向が主な懸念材料とした。 

【関連ニュース】
円、90円台前半=米FOMCを受け反落
景気判断据え置き=住宅は「持ち直し」に上方修正
東海など4地域で上方修正=他は横ばい
極めて緩和的な金融環境維持=日銀支店長会議で白川総裁
日銀、物価「0%以下は許容せず」=デフレ克服へ事実上の「時間軸政策」を導入

接種後死亡症例で初の「関連あり」報告―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)
政治資金監査、新制度で“商機” 税理士ら殺到でも「リスク」は…(産経新聞)
「全大臣に」の質問「私の名前は菅」とイライラ(読売新聞)
<名護市長選>「斟酌の理由ない」の官房長官発言に地元反発(毎日新聞)
空海 唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-31 01:02

田園都市線つきみ野駅で女性が飛び込み 中央林間−長津田間がストップ(産経新聞)

 25日午前10時40分ごろ、神奈川県大和市つきみ野の東急田園都市線のつきみ野駅ホームから30〜40歳代の女性が通過中の急行列車に飛び込んだ。

 女性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。大和署によると、駅の防犯ビデオの状況から自殺とみられる。

 この事故で、田園都市線と東京メトロ半蔵門線全線で運転を見合わせた。一部で復旧しているが、正午現在、田園都市線中央林間−長津田間で運転を見合わせている。

【関連記事】
線路に女性飛び込み30センチすき間で助かる 近鉄・藤井寺駅
母親殺害で男を逮捕 瀬戸内海へ飛び込む「死にきれなかった」
ドイツ代表GKエンケ、列車に飛び込み自殺
40分で2人が自殺か 井の頭線で連続飛び込み
横浜駅で男性が飛び込み死亡 朝のラッシュ直撃で影響22万人

一時金“持ち逃げ”全員特定 派遣村入所を厳格化 都が国に緊急要望へ(産経新聞)
普天間、地元同意なしで結論も=平野官房長官(時事通信)
五島沖・「第2山田丸」沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島・吹上町で発見(西日本新聞)
政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)
<日産婦学会>新人産科医、年500人必要…将来計画案公表(毎日新聞)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-29 16:40

兵庫・武庫川ダム“断念”へ 河川整備計画原案に盛り込まず(産経新聞)

 武庫川ダム(兵庫県西宮・宝塚市)建設の可否が焦点となっている武庫川(兵庫県)水系の河川整備計画原案が26日、兵庫県から専門家などでつくる武庫川流域委員会に提示された。ダム建設は原案に盛り込まれず、今後計画が国の同意を得て策定されれば、同ダムは国の工事実施基本計画から消えることになり、事実上の“断念”となる。

 武庫川ダムは県が計画している治水ダム。昭和60年に国の建設認可を受け、平成5年に事業着手した。貯水容量は約1千万立方メートルで、建設事業費約300億円のうち半分を国が補助する予定だったが、民主党政権にかわり、前原誠司国交相が昨年、ダムに頼らない新しい治水基準での検証対象の一つとして挙げたため、建設の可否に注目が集まっていた。

 原案では、昨年3月に策定した基本方針で武庫川水系の目標流量を4690トンと定めたのに基づき、今後20年間で戦後最大の洪水と同規模の洪水に耐えうる流量(3510トン)を確保すると目標を設定。昨年8月の佐用町豪雨などを受けて治水対策を喫緊の課題としながらも、新規ダムを建設する場合は地元との合意形成のほか、建設開始から完成まで十数年かかることから、今回の計画では河床掘削や堤防強化などの別の対策を選択し、新ダムについては必要性や実現可能性の検討を続けるとした。

 ただ、今回の計画と基本方針の目標流量には180トンの差があるため、県では「目標達成にはダムも含めたより良い整備方法を検討し、必要に応じて計画の修正も行う」としている。

【関連記事】
小沢氏政治資金問題 自民調査団が胆沢ダム視察
前原国交相ブチっ!町村氏に逆質問で応酬
前原国交相と八ツ場ダム地元住民、初の意見交換
八ツ場ダム 国交相「なぜ中止か説明したい」
八ツ場ダム問題 関係6知事の緊急申し入れに国交相回答

「高卒までに喫煙」45.9% 半数が吸って後悔(産経新聞)
軽症患者の特別料金見送り=診療報酬改定で−中医協(時事通信)
<水俣病訴訟>患者会と国など和解協議 東京でも提訴へ(毎日新聞)
<小沢幹事長>「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す(毎日新聞)
名護市長選、投票始まる=普天間移設に影響(時事通信)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-28 14:32

地方行脚、栃木からスタート=「国民の声大事」−首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は23日午後、栃木県益子町のイチゴ農園や宇都宮市の保育園などを視察。夏の参院選をにらんだ地方行脚をスタートさせた。
 首相はイチゴ農園で幼児のこぶし大もあるイチゴをほお張り、「スーパーで買って食べるのとは味が違う。何でこんなに甘いのか」と満面の笑み。視察後、首相は記者団に「国民の声を大切にする政治を行っていかなければならない。国民の切実な生の声を聞かせていただくことは大変大事だ」と視察の意義を強調した。 

車ナンバー「刻印」でバレた!ひき逃げ銀行員逮捕(読売新聞)
小沢氏聴取控え「積極的に説明を」 与野党から注文相次ぐ(産経新聞)
普天間、首相「国が結論出す」…名護市長選受け(読売新聞)
<梁山泊>脱税容疑で3人逮捕 大阪地検(毎日新聞)
<ミスさっぽろ>女子大生と会社員、2人に決まる(毎日新聞)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-26 20:33

【中医協】先進医療12技術の保険導入を了承(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は1月20日の総会で、14日の先進医療専門家会議で今年4月の診療報酬改定で新たに保険導入すべきと評価された12技術について厚生労働省から報告を受け、了承した。

 今回了承されたのは、「抗EGFR抗体医薬投与前におけるKRAS遺伝子変異検査」「胎児心超音波検査」「子宮頚部前がん病変のHPV-DNA診断」など12技術。
 施設要件について、厚労省保険局の迫井正深医療課企画官は、「必要があれば修正するが、ベースは先進医療で導入した際の施設要件を踏襲する」と説明した。

 総会ではこのほか、「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を14日の先進医療専門家会議で第2項先進医療に承認したと厚労省から報告を受けた。典型的な1症例に要する費用は、保険外併用療養費が55万4000円で、自費負担となる先進医療費用が75万9000円(手術1回分)。


【関連記事】
「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を承認―先進医療専門家会議
先進12技術を「保険導入が妥当」と判断−専門家会議
10月受付分の3技術を承認―先進医療専門家会議
【中医協】「高度医療」1技術と医療機器40件の保険適用を了承
検体検査の外部委託実施を初承認―先進医療専門家会議

<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)
16歳の少女を2カ月も“支配” 33歳男のゆがんだ欲望(産経新聞)
日航墜落犠牲者の親族「会社生まれ変わって…」(読売新聞)
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
彬子さま、オックスフォード大で哲学博士(産経新聞)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-25 21:14

同盟深化、年内に結論=日米安保「不可欠」−改定50年で首相が談話(時事通信)

 日米安全保障条約の改定の署名から50年を迎えた19日、鳩山由紀夫首相は「日米安保体制はわが国の安全のみならず、アジア太平洋地域の安定と繁栄に大きく貢献してきた」と日米同盟が果たしてきた役割を評価し、「引き続き不可欠」とする談話を発表した。首相は21世紀にふさわしい形で同盟関係を深化させる協議を米政府と進め、年内に成果を公表する考えを表明した。
 同盟深化の協議は、日米の外務・防衛担当閣僚が行い、両国は今年前半に日米安全保障協議委員会(2プラス2)を開催することで合意している。日本側は、オバマ米大統領が横浜で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に参加するため来日する11月までの結論を目指す。ただ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる日米の隔たりは埋まっておらず、同問題の決着が同盟深化の前提条件となる。 

【関連ニュース】
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

「正義の力、警視庁」=犯罪の質変化に対策を−池田警視総監が就任会見(時事通信)
東京・江戸川区の郵便局に強盗、500万奪う(読売新聞)
内部告発のオリンパス社員敗訴=配転命令違法と認めず−東京地裁(時事通信)
南日本銀行員、当て逃げで逮捕=ナンバーの跡残り浮上−鹿児島県警(時事通信)
徹底対決!民主が“検察リーク”対策チーム 小沢氏関連事件(産経新聞)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-24 11:32

シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収(産経新聞)

 海上自衛隊のインド洋派遣部隊は15日午後7時(日本時間16日午前0時)、帰国の途についた。15日午前(同15日夕)、部隊はパキスタン艦艇に洋上給油を行い、最後の任務を終えた。約8年間にわたる「テロとの戦い」の支援活動は幕が閉じたが、最後の派遣部隊となった補給艦「ましゅう」艦内には複雑な思いが交錯していた。(アラビア海北部、大谷次郎) 

 ■君が代で敬意

 最後の補給相手はパキスタン艦艇「バブール」。第7次派遣部隊の補給艦「ましゅう」、護衛艦「いかづち」の艦内では緊張感が高まっていた。バブールは洋上補給初経験。「慣れない相手とはコミュニケーションがとりづらい」(幹部)からだ。起床前の5時半。艦内の廊下で、神棚の前で静かに手を合わせる隊員の姿があった。

 接近するバブールから「君が代」が大音響で流れてきた。海上自衛隊への敬意の表明だった。

 「送油はじめ」

 「バブール、送油開始了解!」

 艦橋、甲板に短い指示が響き、最後の給油が始まった。作業は着実に進んだ。ほどなく、ましゅう幹部は艦橋ウイングで成功を確信したように語った。

 「慣れてはいないが、バブール乗員の熱心さが伝わってくる。好感が持てるし、信頼できる」

 ■いつかまた…

 「Let’s get together again someday(いつかまた一緒にやろう)」

 最後の任務は終わった。いかずちには大きな横断幕。応えるようにバブールから手旗信号が送られた。

 「I WISH YOUR SAFE JOURNEY(安航を祈る)」

 午後7時(日本時間16日午前0時)、日本に帰還する時を迎えた。第7護衛隊司令の酒井良1等海佐は、ましゅう後部の格納庫に隊員を集め、武士道の言葉を引き合いに訓示した。

 「今後も『残心』の気構えを忘れず、この活動で得た教訓を生かし、海上自衛隊の主任務のみならず新たな任務にも邁進(まいしん)することを期待する」

 ■任務の重い意味

 「(インド洋に)来てすぐは『帰りたい』と思うが、前の派遣隊が引き継ぎを終え帰国したら、そんな気持ちは吹き飛んでいる。『やるしかない』と…」

 4度の派遣経験を持つ隊員はこう語った。夏場は40度を超す熱暑と砂嵐。過酷な作業を支えたのは、この任務が持つ重い意味だ。

 インド洋での活動には、シーレーン(海上輸送路)の安全確保という隠れた任務もあった。日本は原油輸入の約9割を中東に依存しており、ペルシャ湾からインド洋、マラッカ海峡を経て日本に至るシーレーンの安全は国益に直結する。

 酒井1佐は「湾岸地域からのオイル・ルートで活動することが大きな意味を持っている。そういうことをにらんで活動をとらえており、(撤収は)今後の戦略にも影響を及ぼすと思う」と指摘した。インド洋から日本の旗が消え、シーレーンの安全確保は他国任せになっていく。

【関連記事】
「日本は昔の小切手外交に逆戻り」 海自インド洋撤収で英専門家
インド洋給油活動終了へ 防衛相が撤収命令
補給支援打ち切り 国益を失う愚かしい選択
海賊事件の人質数、過去最悪1052人に
鳩山首相、インド洋給油に「十分な意味なかった」

小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生(毎日新聞)
小沢氏、首相公邸を無言で出る(産経新聞)
<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)
民主 可視化法案、今国会提出を検討 (産経新聞)
タレントのミッキー安川さん死去(時事通信)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-23 10:17

都議補選終盤戦 島の発展へ舌戦 自・民、国会議員ら動員(産経新聞)

 川島忠一都議=自民=の死去に伴う東京都議補選島部選挙区(定数1)が24日投開票される。川島氏が23年間務めた牙城を守る自民と奪取を狙う民主の公認候補同士の一騎打ちで、両陣営は今夏の参院選を控え都議や国会議員を動員しての総力戦を展開。参院選を控え、「島をいかに豊かにするか」を互いに主張している。

 立候補者は、いずれも元衆院議員秘書で自民公認の三宅正彦氏(38)と、民主公認の池田剛久氏(44)=国民新推薦=の新人2氏。川島氏の親類の三宅氏は後継として政策を引き継ぎ進めることを強調し、池田氏は与党として島の発展のための予算を獲得していくことを訴える。

 「これまで何も考えずに川島さんに入れてきた」と話すのは東京都大島町の商店経営の女性(60)。川島氏は道路や港湾の整備などに取り組み、石原慎太郎知事が「これだけ予算獲得能力を持った政治家はいない」と評価したほどだ。

 直近の国勢調査(平成17年度)では、全島の就業人口のうち建設業は約15%を占め、全国の8・8%を大幅に上回る。大島町の漁業の男性(66)は「2人とも若くて実績がない。皆どっちが得かと話してる」。

 自民陣営は知事与党であることを強調。17日に大島町で丸川珠代参院議員が「工事をやらせない民主政権が、本当に公共工事にお金を出してくれるのか。マニフェスト(公約)詐欺にのらないで」と訴えた。

 一方、民主陣営は都議54人に全員2回ずつ応援に回るノルマを課した。国会議員も多数動員し、「政権与党、都議会第一党である民主こそが、予算を持ってこられるということを説明している」(陣営)。

 今後、自民には都連会長の石原伸晃衆院議員、民主には蓮舫参院議員らが駆けつける予定で、最後の訴えを続ける。

<福岡乳児殺害>別の子供2人も治療受けず死亡(毎日新聞)
虚偽の出会い系サイト運営=詐欺容疑で11人逮捕・警視庁(時事通信)
NHK朝ドラ、午前8時開始に(時事通信)
「政治とカネ」野党が徹底追及へ…通常国会召集(読売新聞)
<福岡市>「うまかもん」満喫ツアー 「福たび」を発売(毎日新聞)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-22 15:15

名古屋中央卸売市場で火災、事務所の男性重体(読売新聞)

 14日午後11時半頃、名古屋市熱田区川並町、名古屋中央卸売市場内の青果卸売棟(2階建て)の中二階にある事務所から出火、事務所の一部約20平方メートルを焼いて約1時間後に鎮火した。

 この火事で、事務所にいた60歳位の男性が一酸化炭素中毒で意識不明の重体。

 愛知県警熱田署で出火原因などを調べている。

歌会始の儀・来年は「葉」(産経新聞)
<お別れの会>田中順一郎さん=元三井不動産社長 2月に(毎日新聞)
<石川議員逮捕>「小沢体制で戦えるか」党大会で困惑の声(毎日新聞)
孤独死、昨年は62人=阪神大震災の復興住宅−兵庫(時事通信)
「人間に番号つけるのは牛と同じ」 名古屋市長が「住基ネット」離脱表明(J-CASTニュース)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-21 17:56

機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)

 麻生内閣の官房長官だった河村建夫衆院議員(67)(自民)が昨年8月の衆院選の2日後、2億5000万円の官房機密費の支出を受けた問題で、大阪市の市民団体「公金の違法な使用をただす会」(小林君夫代表)は18日、河村氏について背任容疑などで東京地検に告発状を提出した。

 告発状によると、河村氏は昨年9月1日、官房機密費として通常の月の2・5倍に当たる2億5000万円の支出を受け、目的外の用途に使用し、国に損害を与えたとしている。

<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)
鳩山首相、内閣官房刷新「以心伝心の仲間増やしたい」(産経新聞)
民主に衝撃「捜査見守る」=小沢氏辞任論も(時事通信)
160区間の割引切符を廃止=「東京−青森」回数券など−JR東(時事通信)
パロマ中毒死、5月判決=元社長ら改めて無罪主張−東京地裁(時事通信)
[PR]
by cp1vzhk9y0 | 2010-01-21 00:18